スマホからその場でコンフォティスを通販できます

 

 

ペットを飼っているとたとえ健康であってもノミダニや寄生虫などの薬を定期的に与えなければいけないのでそれなりにお金がかかります。

 

ペットの薬は人のような公的な保険がないので10割負担です。
このため、ちょっとした薬であっても高額に感じてしまいます。

 

ノミの薬も案外高くて、これが年間だとかなりの金額になります。
昼間は自由に外で遊ばせて、夜は家に入れるという生活をしていると、野良猫などからノミをもらう可能性があります。たとえ冬場であっても駆除薬をつけておかないと、コタツでノミが大発生する危険性があるため、外で自由に遊ばせている限りは通年でのノミ対策が重要です。

 

家の中にも猫を入れる場合は液体タイプの駆除薬よりも錠剤タイプの駆除薬の方がベッドやソファーに薬が付かないので安心できます。

 

液体タイプはその都度猫を押さえつけて投与しなければいけないので、やんちゃざかりの仔だと1匹投与するのにも一苦労です。多頭飼いをしていると体力的にもしんどいですし、薬が乾くまでの間、他の猫が薬のついた部分をなめないようにずっと見ておく必要もあります。

 

液体タイプだとこんな苦労が絶えないですが、コンフォティスは猫のノミ駆除薬にしては珍しい錠剤タイプです。
もともとは犬の薬だったのを猫にも使えるようにしたものです。

 

錠剤ではありますが、フレーバーがついており、警戒心を与えないようにつくりになっており、つぶしてエサに混ぜて与えることもできます。

 

肌が弱くてスポット剤が使えない猫や、なかなか触らせてくれない野良猫にも使えるとあって非常に需要の高い薬です。

 

コンフォティスは病院で出してもらうのが一般的ですが、病院で出してもらうとやっぱり高いです。
他の病院に変えても値段もそれほど変わりません。

 

病院がすぐそこにあれば、買い物のついでに薬を出してもらったりできるのであまり手間ではありませんが、病院が遠いと薬をもらいに行くだけでも一苦労です。

 

コンフォティスのように毎月投与する薬は家に常備薬的にストックがあれば安心です。
こういう薬は通販でまとめて購入しておくに限ります。

 

まだあまり知られていませんが、海外製のコンフォティスなら通販で取り寄せることができます。
海外製でも中身は同じで効果も変わらないので、今まで通り与えることができます。

 

パッケージが英語ですが、日本語に訳した説明書付きです。
コンフォティスは錠剤なので特に与え方が難しいということもないのですが、日本語の説明書があった方が安心できるのでうれしい配慮です。

 

 

 

 

値段を見ていただいてわかるように病院よりもだいぶ安い価格になっています。

 

飼い猫が1匹だけでも通年で投与するものなので、トータルのコストが全然違ってきます。
2箱以上購入すれば、値段がさらに下がるので、多頭飼いをしている人なら初月からかなりの金額を節約できます。

 

値段が安いだけでなく送料がかからないのも魅力です。
病院にもらいにいくのにもガソリン代がかかりますが、通販の場合だと送料無料で自宅まで配達してくれます。

 

海外から届くので、だいたい一週間ほど時間がかかりますが、追跡番号から荷物の配送状況がわかるので一週間という時間がそれほど長く感じません。

 

販売ページに購入する薬の有効期限が表示されています。
いくらまとめ買いをしたとしても買いすぎて期限切れになってしまうと意味がありません。使いきれる分だけ買えるので無駄な出費もありません。

 

消費税も上がり、削れるところは削っていかなければいけません。
コンフォティスを通販に切り替えると、同じ質を保ちながら、価格を大幅に下げることができます。家計を防衛できるコスパのよい方法です。

 

コンフォティスのほかにも猫に限らずペットの薬が大幅に安く購入できます。